[メモ] SourceTreeで見ている、特定のコミットの特定のファイルをCotEditorで開きたいメモ

2017/04/18

こんにちは。きんくまです。

これまでgitは基本iTerm2からコマンドを叩いて利用していました。(あとIntellJ IDEAのVersion Controlタブも併用)

ただいろいろとコマンドを打つのが面倒になってきたので、試しにGUIツールを使ってみよう!と思って、SourceTreeを入れて見ました。そしたらすごく便利でした!

それで今回は「SourceTreeで見ている、特定のコミットの特定のファイルをCotEditorで開きたい」です。

gitのコマンドでいうとこんな感じになるみたいです。

git show {commitハッシュ}:{ファイルパス}

シェルスクリプトを作る

CotEditorで上のコマンドの結果を開くようなシェルスクリプトを作ります。
CotEditorは調べてみるとコマンドラインツールが用意されていたのでそれを利用しました。

open_coteditor_from_sourcetree.sh

#!/bin/bash

COT=/Applications/CotEditor.app/Contents/SharedSupport/bin/cot;

git show ${1} | ${COT};

特定の場所に保存したら、実行権をつけておきます。

chmod a+x open_coteditor_from_sourcetree.sh

シェルスクリプトの保存したパスはどこかに書いておきます。

Source Treeでカスタムアクションを作成

Actions > Custom Actions > Edit

左下のAddボタンから追加します。

Menu Caption: 好きな名前
Script to run: さきほどのシェルスクリプトのパス
Parameters: $SHA:$FILE

custom_actions

ためしてみる

Historyタブを開いて、特定のコミットの特定のファイルを選択して右クリックしたら、CotEditorが立ち上がって見られました。
ただ、拡張子を指定しているわけじゃないので、シンタックスハイライトされてないのが課題かな。
でもまあ、エディタで見ることはできたので良しとします。

sourcetree_custom_action_demo

LINEで送る
Pocket

自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る