七五三の撮影に写真スタジオに行ってきました

2009/06/4

753こんにちは。きんくまです。

子供が3歳になりまして、七五三の年となりました。
昔は「数え」でやっていたので2歳のときやったそうですが、今は「満」でやることが多いので今年がその年となりました。

七五三は、

着物を借りる→スタジオで写真を撮る→神社でお参り→親族で食事会

という流れが一般的のようです。

うちもそうやろうとして、ネットでいろいろと調べてみました。
すると3歳児は1日で全ての行事をするのは「大変」とのこと。
中には、具合が悪くなってしまう場合もあるそうです。

なので、

着物を借りる→スタジオで写真を撮る

のみを分割して、先行して行うことにしました。お参りと食事会は普段着で行うことに決定。

スタジオは嫁が探してきたところに予約していってきました。
私は写真スタジオの撮影は、産まれてこのかた全くないです。唯一近かったのは、結婚式で着物を着て式場で撮影したことかな。

結構お客さんはひっきりなしに来ていて混んでいる様子。
産まれてまだ1か月ぐらいだろうお子さんと、父方・母方のじいじ、ばあばを連れてきている家族もありました。たぶん、初孫だと思います。

最初にカット数を決めるのですが、
家族、本人(寄り)、本人(引き)、本人(衣装替え)
の4カットにしました。最初にカット数を決めておかないと、「これもすてがたい、あれも…」となってしまい、枚数を増やしてしまう場合もあるみたいです。みなさん、やっぱり親バカですね~。うちもそうです…。笑

髪をスタイリングしてもらい、着物に着替えると、わが子ながら「かわいい」。(親バカです)
本人も嫁もとても喜んでいる様子。

いざ撮影。子供相手なので、カメラマンさんは大変そう。子供をリラックスさせながら、いい笑顔をどう撮るかというのが課題のようです。ぬいぐるみを使って注意をひきつけたり、ぬいぐるみを上に放り投げて面白くさせてみたり。

撮影は順調にすすんで、衣装をドレスに変えてやることに。しかし、これの途中までは良かったのですが、最後の最後は眠くなってしまって機嫌が悪くなってしまいました。「昼寝しなさい!」と行く前に言っておいたのですが、全然寝てないうちの子供。うーん、こうなることは目に見えていたのに…。
なかなか子供はむずかしいです。

とにかく、撮影は終了。撮影後に、撮影したカットのどれを伸ばすか決めました。後日、アルバムにして送付してくれるそうです。

お金を払って撮影をしたのは、初めてだったのですが、なかなかいいですね。やっぱり女子なのか、嫁と子供が喜んでいたのが印象的でした。
気軽にホイホイできる金額でもないのですが、何かの節目にやっておくと、いい思い出になるかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket

自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る