2009年 あけましておめでとうございます

2009/01/2

あけましておめでとうございます。きんくまです。
上の画像は今年の年賀状です。今年は華麗に舞うぞという思いを込めて。
、、。うそです。特に意味はなく牛がスケートやったら面白そうだと思ったので描きました。
嫁に見せたらくるくる回るのは自転車操業だから?と嫌味を言われました。いや、そういうわけじゃないんだけどね。

大みそかに紅白を見ていました。うちの子供が、ポニョののぞみちゃんをすごく楽しみにしていたので見せました。それで、見終わったあと子供を寝かしつけたところ自分も一緒に寝てしまい、気がつくと年が明けていました。うーん。

レコ大もちらっと見ていました。ふと気がついたことがあるんですが、この20年間ファッションって劇的に変化してない??ということです。いやファッションに詳しい人が見たら「何いってんだよ、変化アリアリだぜ」と怒られそうなんですが、素人目にはそう見えたんです。ようするに80年代やそれ以前の衣装や髪型は今見返すと「古いなあ」と思うんですが、90年代以降のそれを見るとそんなに「古い」感じがしなかったんです。
Win95からはじまったパソコンの普及、ポケベル、ケータイ、PHS、などもろもろのIT関係が社会を劇的に変えたのとは、違うなあと率直に思いました。
これって単に20年前で年代が近いからそう思うんでしょうかね?それとも90年代のときに70・80年代のファッションを見たときってどんな感じだったんでしょう?そこが気になる。

さて、突然ですが今年の目標をたてました。

・お客様の数を増やす。
・技術の小ネタだけじゃなくて、面白いコンテンツも作る。
・ピアノで1曲、人に聞かせられるようになる。

去年は、独立したばっかりで右も左もわからず、固くなっていたところがありました。それで、いい意味で自分のゆるさが出た方が、力が抜けていい方向にいくと思うので、そうしていきたいです。

ニコニコ見てて、つたない技術(失礼!)でも人を喜ばせたり感動させたりすることができると気がつきました。逆に技術的に完成度がいくら高くても、単に「きれいにまとまってるなあ」で終わってしまう場合があると。何がそれを分けるかというと、そのコンテンツ制作者の熱意だったり、気力だったりするのかなあと、ふと思います。
もちろん、熱意だけあったとしても技術があまりにも不足している場合は、その熱意が全く伝わらなかったりするので、技術はあるだけあった方がいいと思います。

あと、年末に前の会社の忘年会に参加したときに、ブログでもちっと私自身の「人」と「なり」を出すと、見ている人が親近感がわくのでよいと言われたので、自分の身近な生活感あふれる小ネタを書いてみようと思います。


自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る