DS-10に波形表示機能をつけてみたかったが、、。

2008/08/13

まずは、下の動画をご覧ください。ニコ動なんで見れない方すみません。

それで、ガビーンという感じだったんですが、これってFLARToolKitでできないかなぁ?と思ったんですね。それで、結論からいうと今の私の技術だとできないです。

調べた結果を説明します。

DS-10をPCのマイク入力に接続する。→Flash上でMicrophoneクラスを使って音を習得→SoundMixer.computeSpectrumを使って波形情報を習得→FLARToolKitのPV3dのBitmapにテクスチャとして波形情報を焼きつけ

でうまくいくと思ったんです。ところが「Flash上でMicrophoneクラスを使って音を習得」この部分がうまくいかないみたいです。どうやらFlaのマイクから拾った音はSoundMixerで直接拾えないみたいなんです。
参考。外国のサイト。よくわかんないけどダメっぽいことが書いてあるようなないような
Microphoneクラスって音の大きさは取得できるけど、波形はできないようです。

それで、さらに調べると
Microphoneクラスからの入力→Flashストリーミングサーバに出力→出力された音声をローカルに再入力の流れでできるっぽい。(未確認)
SoundMixer.computeSpectrumをrtmpで動かしたい
※red5とは→無料で利用できるFlashストリーミングサーバ「Red5」

ただ、サーバがからんじゃうととたんに意気消沈な技術レベルの私にはとうてい無理な話。
でも、気持ちだけでもいいからあの動画みたいな風にやってみたいと思うので、今度ニセでやってみたいと思ってます。


自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る