jsflEdit, jsfEdit « 複数の「JSFL/JSF」の「実行/編集」ができる「Flash/Fireworks」の拡張パネル

2009/06/24

複数の「JSFL/JSF」の「実行/編集」ができる「Flash/Fireworks」の拡張パネルです。

※10/04/29追記 Photoshopのjsx版も作成しました。
>> Photoshopのjsx を複数登録できるJSXEditを作りました、、けど問題が

■画面キャプチャ

jsfledit091218

■どんなもの?

jsflやjsfは「コマンドとして保存」したり、外部スクリプトを読み込むことで使用が可能です。
この場合、編集ができなかったり、できても1枚ずつファイル化しないといけなかったりでわりと面倒です。
それを、1つのパネルで気軽に編集・保存・実行ができるようにしました。

エディタとしての機能は、「文字サイズ変更、TABによるインデント、改行のときにインデントを揃える」です。シンタックスカラーはまだできません。

■インストール方法

まずMXPファイルをダウンロードしてください。zipを解凍してできたMXPファイルを使用します。

Flash用
> jsflEdit.mxp

Fireworks用
> jsfEdit.mxp

1. ヘルプ > 拡張機能の管理
でAdobe Extention Managerを立ち上げる

2. ファイル > 拡張機能をインストール
から、ダウンロードしたMXPファイルを選択してインストール

■ボタンの説明

jsfl_fig2

リスト画面とエディット画面の2画面でできています。

共通
1…リスト←→エディット の画面切り替え
2…選択しているプログラムの実行

リスト画面
追加したプログラム名をダブルクリックすることで名前が変更できます。

3…プログラムを追加します
4…プログラムを削除します

エディット画面
3…文字を拡大します
4…文字を縮小します

他に、エディット画面で選択した状態でTABを押すとインデント、SHIFT+TABを押すとインデント解除ができます。

■プログラムのバックアップ、読み込み
jsfledit091218_2

左が書き出し、右が読み込みです。
ボタンを押すと、ダイアログが出ますので、適当に名前をつけて保存、読み込みをしてください。

■使用感のデモ

下はデモ用です。実際に操作できます。

 

使用の際の注意

自己責任でご使用ください。

お知らせ
Spark projectにコミットしました。
http://www.libspark.org/wiki/jsflEdit

更新履歴
・09/12/18
CS4での文字化けに対応
プログラム全体の書き出し、読み込みに対応


自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る