[iOS | iPhone] Zippy電卓 3.1.0をリリース。おかげ様で1000ダウンロードされました

2016/01/12

こんにちは。きんくまです。

Zippy電卓 – 消費税や%割引に対応した計算機の3.1.0をリリースしました。

zippy_calc_2_0_0_icon_round 無料版

zippy_calc_pro_icon120 有料版

おかげ様で1000ダウンロードされました

みなさまご愛顧いただいたおかげで、無料版・有料版合わせて1000ダウンロードされました。
どうもありがとうございました!
今後ともどうぞよろしくお願いします。

それでは新機能のご紹介です。

複数税率割り当てに対応しました

税率を複数割り当てられるようになりました。
これはどういうことかといいますと、これまでは税率の割り当てが1つだったのですが、上下左右の税率キーにそれぞれ異なる税率を割り当てられるようになりました。ただ、すみません!無料版については、上下左右ではなく、上下の2つのみの割り当てとなります。なので割り当ての個数自体は同じで変わっておりませんが、上下を別々に設定できるようになったということになります。

有料版の設定画面です。

3_1_tax_settings_paid

無料版の設定画面です。

3_1_tax_settings_free

0より大きい数値は「税込」、0より小さい数値は「税抜」をそれぞれ計算します。

計算の画面をみてみます。

3_1_tax_key_paid 3_1_tax_key_free

こんな感じにキーに割り当てできますので、手軽に異なる税率を計算することができます。
なので、今後始まる軽減税率の計算にも楽にできるかなと。

ためしに980円のものを8%と10%で計算してみました。980円の8%は本来78.4なんですが、これは四捨五入の丸め設定にしているので、78になっています。
20円の差がでましたね。
たしか持ち帰りと店内で食べるときで差が出ると思うんですが、実際のところどうなってくんでしょうね?

3_1_10_8_tax

いまのは、8%と10%だったのですが、お仕事でよく使う税率などを割り当ててもよいかもしれません。

パーセント(%)割引き、割増しの対応

パーセント(%)割引き、割増しに対応しました。いままで%の計算は%を×0.01によみかえる対応をしていたのですが、割引、割増に対応しました。

計算例を挙げますと、

1000円の40%引きは 1000 – 40% = 600

3_1_percent1

1000個の40%増しは 1000 + 40% = 1400

3_1_percent2

かけ算、わり算はこれまで通りの対応です。

1000gの40%は 1000 x 40% = 400
1000個は何個の40%か 1000 ÷ 40% = 2,500

3_1_percent3

ちょっと買い物の例を出してみます。

商品A 1000円の30%引き
商品B 1500円の45%引き

このときの合計は 1000 – 30% + 1500 – 45% = 1,525
一度に計算することができました。

3_1_percent4

もし8%の消費税ならば税込ボタンを押しますと

1,525 + 122 (8%税) = 1,647(税込)

とすぐにもとめられました。

3_1_percent5

次のバージョンはiPad対応です

3.1.0をリリースしたばかりなんですが、iPad版の対応ってどうなんだろう?と試しにちょこちょこいじっていたら思ったよりもすぐに対応できたので、もうすぐ申請しようと思っています。AutoLayoutとSize Classのおかげですね。
最初はiPhone版をそのまま大きくしたバージョンを作っていたのですが、せっかくならと履歴を横に持ってくるレイアウトに変更してみました。
キーボードの大きさを業務用で使いそうな実際の電卓の大きさに近づけましたので、かなり打ちやすいものになっています。
ユニバーサルアプリなので別アプリではなく、有料版を買われた方もそのままiPadに対応されますのでご安心ください。

iPad_4_0

ではでは。


自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る