[iOS] アプリ開発日記 – 画面遷移を再考

2012/12/25

こんにちは。きんくまです。

今HabitKeeperのアップデートの開発をしてます。
iCloud対応はいったん見送ることにしました。
実際にテストを少ししてみたんですが、いろいろと考慮することが多く結構時間がかかっちゃいそうな感じだったので。
例えば、iCloud機能を途中でOFFにした場合に、iCloudにマージされちゃってるデータをどうするのかとか、
これまでのデータをそのままにしておいて、iCloud用は別データとしてもたせるべきかどうかだとか、などなど。
ぶっちゃけ自分の頭が整理できてなくて、追っついていないって言う感じです、、。うーん。

iCloudを利用しない人もいると思うので、そっちよりもまず優先することをやろうと思いました。
一通り考えているアップデートの実装が終わったら、iCloud対応にいきたいなと。

先日ユーザーの方から、日課ごとのカレンダーがみたいという意見をいただきまして。
自分でも不便だったので、そうだよなー、これは実装した方が良いよなーと思って、
競合アプリをいくつかダウンロードして、研究してみたところ、「うわ、これやらなきゃダメじゃん。」という結論に達しました。

んで、現状のものにそのままのっけても良いのですが、アプリ内の動線が悪い気がしてきて、
もう一回アプリの画面遷移を考えることにしました。
屋台骨というか、目に見えない構成のデザイン。でも目に見える部分よりも、目に見えないここが結構大事なんですよね。
一番深いところにあるものなので、アプリ使用時の使用感が変わってくるという。

それで、画面遷移も決まったので、画面デザインもそれに合わせて一新というかマイナーチェンジしようと思い、ちまちまとデザイン作業をしとりました。
ちょっとすっきりしたかな。

hk_dev_fig2

hk_dev_fig1

※開発用なんで、英語と日本語がまじってたりして文字列とかいろいろ適当です

もう少しで画面デザインが終わるので、そしたらプログラムの作業です。

画面遷移とか画面デザインの参考になる本

今回の作業の参考になった本の紹介です。ぶっちゃけすっごくお世話になりましたw

このブログでは以前にも紹介した本です。
画面構成の考え方だとか、見た目のデザインの例も豊富に載っていて非常に良い本です。

これも良い本です。ざっくり言うと、UIのカタログ集。
いろいろなアイデアが実例で載っているので、見せ方のヒントになります。


自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る