[iOS] Adhocでエラーしたときのメモ

2012/08/24

こんにちは。きんくまです。

Adhocでエラーをしまして、その解決策のメモです。

エラーの状況

1) アプリのバージョンを上げようとした。
2) Adhoc版とリリース版では違うプロビジョニングファイルで行っている。
3) OTAでAdhoc版をインストールしようとしたら途中でアラートが出てインストールが完了しない。

解決策

こういう場合って、やろうとしていた部分のどの部分でエラーかがすぐにわからず困ってしまった。
アプリのバージョンの文字列が駄目?とか、いろいろとやってみた。

それで調べてみたり、試してみたりすると、どうやらバージョンの文字列ではなさそうで、
プロビジョニング関連のエラーかもしれない。
よく考えてみると、最近OSをLionからMountain Lionにアップグレードしたり、Xcodeのバージョンがあがったせいかもしれない。
と思い、一度Certificationを削除。再度iTunes Connectからダウンロードしてインストール。

(ひょっとしたらここで解決していたのかもしれない、、?)

XcodeのCode Signingの項目の
ReleaseをDon’t Code Signから自分のプロファイルに選択しなおし。
Any iOS SDKも同じ。

エラーが起きたとき、Any iOS SDKを何回も選びなおしたりしたのだけれど、
上の行のReleaseの項目はDon’t Code Signのままだった。
なので、そこを選びなおした。

一応OSを再起動

そしたら、無事に解決しました。

code_signing_error


自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る