iOS(Objective-C),Flash, AIR(ActionScript3), JavaScriptなど、
クライアントよりのプログラミング関連のことや、日記をゆるく更新してます。
プログラミング初心者向けObjective-C入門の目次はこちらです

[iOS] CoreDataの本読んだ

2012/05/8

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー! きんくまです。
ニャル子さん面白いです。

さて、仕事でCoreDataが必要になりまして、CoreDataの本を読んでいました。

そんで、参考資料とかを書いておきます。

Apple公式

チュートリアルをすると概要がつかめていいかもしれないです。
でも、Location使う必要なかったんじゃ、、。
>> Core Data Tutorial for iOS
>>(和)iOS Core Dataチュートリアル

ざっくり概念をつかんでわからないところは、網羅された方で確認してみるといいかも。

>> Core Data Programming Guide
>> (和)Core Dataプログラミングガイド

iOS 4 Programming Cookbook

この本のCoreDataの章は、Appleのチュートリアルと同じくらいコンパクトにまとまっていて、ざっくりつかむのは良いと思いました。

Core Data for iOS: Developing Data-Driven Applications for the iPad, iPhone, and iPod touch

この本は、かなり詳しく載っています。細かいオプションの説明から、最適化まで。
しかも、それほど分厚くなくてコンパクト。
けっこう気に入りましたです。

よくApress社の本を買っていたんだけど、この本を出しているAddison-Wesleyって
会社のもなかなか良いですね。
Apressは紙質のせいか結構分厚くなっちゃうんだけど(辞書より分厚いとかって)、
こっちはそれと比べて普通サイズの厚さなのでいいなと。
Pearson Educationって下に書いてあるからもともと教育系のピアソン社のグループ会社なのかもしんない。

大分先の10月だけどOpenGLESの本も出るみたい。欲しいな。

Learning OpenGL ES for iOS: A Hands-on Guide to Modern 3D Graphics Programming

CoreDataとは違うけど便利だった本

Objective-C逆引きハンドブック

ずっと前に買ったときは、Objective-Cにそれほど慣れておらず、そもそも書かれている内容がわかんなかったので、積み本状態でした。
でもふとこの間見返してみたら、「なにこれすごいわかりやすい」情報じゃないかと思った本。
KVO、スレッドのところとか、一通りやってみたところ、おーなるほどという感じ。

そうそう近日(5月末)に第二版が出るみたいです。

改訂2版 Objective-C逆引きハンドブック


ページトップへ戻る