[開発] プロキシCocProxyのMacでの使い方メモ

2011/12/15

こんにちは。きんくまです。

CocProxyのMacでの使い方のメモです。

主な情報源はこちらのページにあります。どうもです。
>> OSXにCocProxy(置換プロキシ)を設定してみる | 技術部 | TAC部Log
>>Cocproxyを入れてみた – ぺーぺーエンジニアのおぼえがき

前も調べて使ったのだけれど、すぐ忘れちゃうからメモです。

■何するもの?
本番サーバー上に変更したいファイルがある。
変更したいファイルは、すでに次のバージョンを開発してあり、手元にある。
この手元にあるもので、本番サーバーをテストしてみたい。
でも、本番サーバーにあるからファイルを勝手に書き換えたら大変なことになる!

そこでプロキシの出番ですよ、奥様。
プロキシの設定をローカルの特定の場所に指定して、そこに次のバージョンのファイルを置いておき、
ブラウザの設定を変えると、あら不思議。
本番サーバー上のデータがローカルのものと置き換わってるヨ。
だから、次のバージョンのもので本番でテストできるね。

ようするに実際のところ、本番サーバーへ特定のファイルをリクエストしたときに、
ブラウザはサーバーからではなく、ローカルのデータをひっぱってきているってことですね。
だから、本番サーバーのデータは一切変更してなくて、自分のマシン上だけでその変更を確認できるっていうやつです。

■やりかた
CocProxyをダウンロード

適当なディレクトリの中にproxy.rbを置いて、そのディレクトリに新規でfilesというフォルダを作成。
ディレクトリ構成はこんな感じ

cocproxy1

アプリのterminalを起動。

cd さっきのディレクトリパス(filesの親ディレクトリ)
ruby proxy.rb

そしたら、何か起動したっぽくなる。
ちなみにやめるときは、Command + dを押す。

ChromeのExtentionを入れる。
>> Switchy!

設定はこんな感じで。

cocproxy2

そしたら、ブラウザのURL欄の右側にある地球マークのところからさきほど設定した
オプションを選ぶ。

cocproxy3

これで準備完了です。

あとは、一番始めに作ったfilesフォルダの中に、例の次のバージョンのファイルをいれておけば、
あとは、そっちの方からブラウザのデータを読み取ってくれます。

やめたくなったら、terminalでCommand +dを押して、CocProxyを終了。
Switchyのアイコンを押して、Direct Connectionを選べばよいです。


自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る