きみは1ピクセルがクリックできるか!? 1PX CLICK

2009/11/26

こんにちは。きんくまです。
外事警察見ました。まだ、序盤といった感じですね。
渡部あつろうが非常にクセのある、イヤな感じの役をしていてとても良いです。

さて、リクルート主催のコンテスト 1-click Award

要旨です。
——————————————————————————————————————————–
> 人を動かす、新しいコミュニケーション。
> その表舞台は、Webへと急激に移りつつあります。
> 私たちは、このWebコミュニケーションの可能性を追求していきたい。
>
> 技術やテクニックの新しさを競うのではありません。
> それらは、昨日、今日、明日と、日々、陳腐化していくものだから。
> あくまで、「伝わるのか」「行動を促すのか」。コミュニケーションの本質にこだわります。
>
> 世の中には、まだまだ新しいアイデアを持っている人たちがいるはず。
> その可能性を発掘し、支援していく場をつくるために、“1-click Award”が始まります。
——————————————————————————————————————————–
だそうです。
それで、これに応募しました。締め切りはたしか10月だったような。
結果は…惜しくも落選(脳内調べ)!!

何を応募したかというと、今回のタイトルです。
クリックすると遊べます。
>>1PX CLICK
1px_fig1

コンセプトは「1ピクセルを体験してみよう!」
クリックしていくたびに、的が小さくなっていき、最終的には1ピクセルに!
高解像度のモニタを使っている人は永遠にクリアできないかもしれないコンテンツです。
結構地味です。

で、実はつづきがありまして。
今回の1PX CLICKのほかにあともうひとつ応募してあるんです。
今は1次審査が発表されている状態なのですが、これが微妙な判定なのです。
途中までタイトルが全く同じなのですけど、発表ページには私の応募したタイトルについている語尾がない。
これは全く別の作品なのか、私の作品でページ作成者のミスなのか???
メールで聞いてみようとしたのですが、
—–
> なお、合否に関するお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。
—–
とのこと。あー駄目だこりゃ。

気長に待ちましょう。では~

LINEで送る
Pocket

自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る