広告批評休刊

2008/04/10

来年で休刊するそうです。→広告批評
赤字とか部数減少ていう理由じゃないそうです。
広告の出稿先が出版物・ラジオ・テレビから徐々にWebにシフトしているのと30周年ひとくぎりだし。ということだそうです。

そうはいっても、出版業界は厳しくなっているのが現状なんじゃないでしょうか。
先日買ったFlashの本。サポートページを見ようとしたら、開かない。おかしいおかしいと調べてみたら、倒産しておりました。→エクスメディア倒産
本屋と本が好きな私としては、さびしいです。ですが、これも時代の流れってやつでしょうか。
なんか、炭鉱でできた町が石油の時代になることで、次第にさびれていったりするのとにているような。

出版物は全くなくなるとは思いませんが、ある一定のラインまでは下がり続けるんでしょう。テレビも完全デジタル化すると、倒産するテレビ局が出てくるとどこかで読んだような。でも、逆にWeb業界がこれから盛り上がってお金もがっぽがっぽというかというと、違う気もする。どうなっていくんだろ?

LINEで送る
Pocket

自作iPhoneアプリ 好評発売中!
フォルメモ - シンプルなフォルダつきメモ帳
ジッピー電卓 - 消費税や割引もサクサク計算!

ページトップへ戻る